女性

ISO14001は環境に対する国際規格|企業の取り組み評価を知る

企業レベルの向上を目指す

システム

ISO認証取得による企業メリットとしては、企業としての信頼の定着化、取引拡大、クレームや不良品の発生を抑制し顧客満足度を向上できることなどがあげられるので取得したほうが良いと考えられます。

国際規格取得のマニュアル

オフィス

世界で通用する企業になるためにはISO認証取得を目指します。国際規格に沿ったマネジメントシステムを構築し、第三者機関による審査を行い品質保証を受けることができるからです。

文書の管理

会議

民間会社や官公庁にかかわらず、組織である以上文書管理は重要な仕事のひとつです。そのためしっかりと文書管理が出来るシステムなどを導入して徹底的に管理体制を整えましょう。

最善の方法

ビジネス

外部ネットワークからの攻撃に備えるための費用について

現代においてパソコンやスマートフォンは仕事を行う上で欠かせない機械となっています。これらのほとんどはインターネットあどの外部ネットワークに接続され、世界中からあらゆる情報を取り寄せることが可能ですが、同時に攻撃の対象となるリスクがあります。特に近年はその傾向が顕著になっており高度なネットワークセキュリティが求められます。 ウイルスを感染させるなどの場合には、ウイルス対策ソフトを導入するのがもっともスタンダードな方法で、1台あたり1ヶ月2千円から3千円ほどで導入することが可能です。またネットワーク上にもファイヤーウォールなどを設置し不正アクセスを防止するといった取り組みも行われています。 しかし、もっとも厄介なのが標的型攻撃と呼ばれるもので、ウイルス対策ソフトを入れていても防ぎきれないケースがあります。

標的型攻撃を防ぐためには

標的型攻撃は、従来のコンピューターウイルスを感染させて自動で情報を収集するというものではなく、攻撃者が標的を定めて行うものです。最終的にはパソコンをハッキングし、情報を自由に閲覧できる状態にすることで、特に企業などにおいては多大な知的財産に対する被害をもたらす場合があります。 また標的型攻撃は、大々的にコンピューターウイルスを感染させる性質のものではないため、通常のウイルス対策ソフトでは検知されないケースもあります。 標的型攻撃を防ぐ方法としては、使用者の意識が重要になります。特にコンピューターウイルスの感染が発生するまでそれが従来のウイルス感染なのか標的型攻撃なのかを判別するのが困難です。感染が疑われた場合には、ネットワークセキュリティのレベルをあげていき情報流出を防ぐと同時に、感染の拡大を防止して原因となるウイルスを除去するといった対策を行う必要があります。このようなウイルス関係に関する対策や情報管理などもISO規格などでは審査の対象になることがあります。ISOは型番で規格内容が異なってくるので必要な型番を間違えないようにしましょう。ISO14001などであれば環境問題への取り組み、ISO27001であれば情報の扱いなどに関する取り組み規格となています。